JULIEN MIER

 

DATE:2021年7月16日(金)

VENUE:BAR AMNESIA

DJ:HIROMI ENDO(SIDEMILITIA inc.)

OPEN / START:21:00 / 22:00

ENTRANCE CHARGE:¥1.000-

 

お店の公式でも画像制作して告知してくれてました。

今夜です。21時からお店自体はオープンしてるのですが、DJのスタートは22時との事なのでお間違え無く。

それにしても全国的でしょうが首都圏以外は特に「花金:ハナキン」と云う言葉が死語になりました。

実際に土曜日も仕事の方が増えてるのかもですが、コロナ禍が関係無く以前から土曜日も含めて夜遊びをしない人が増えた気がします。

サブスク含めて出歩かなくても楽しめたり、SNS等での擬似的な出逢いや繋がりを感じれる様になったからだと思います。

なので現在は(これもコロナ禍は関係無く)夜に普通に出掛けるだけで「パリピ」扱いされる可能性すら有ります。

私の人生ではパリピとの交流や繋がりは基本的に切っ掛けも無く、出逢いも無いですが、名称は兎も角スタンスとしては近いかも知れません。

遊び方は違えど。

初めてのお店だからといって緊張とかは有りませんが、当然ながら全くお客様がいない時のDJほどシンドイ事は有りません。

特に此処最近は異常なハードワークとスケジュールだった為にそう感じる筈です。

現状だと、どのお店さんも満席などは難しい風情ですが、少しでも多くの方に聴いて貰える事を願い本日も午前中から洋服屋しております。

パーティーやイベントでは無く、通常営業時のDJなのでお気軽に遊びに来て下さいませ。

勿論、お酒で気分が良くなったら席を立ってDJの前に来て下さいね。

お待ちしております。詳しくはコチラを。

 

PRIMALCODE / プライマルコード

CENTER SWITCHING ACTIVE PANTS (PURPLE)

¥5,280-

 

昨日はお求め易くなったこちらのアイテムが人気でした。

残り僅かとなってるフレアパンツ。

ウエストはゴム仕様ですがベルトループも付いております。

ご自宅でも外出時でもリラックスして楽しめます。

 

PRIMALCODE / プライマルコード

CENTER SWITCHING ACTIVE PANTS (PISTACHIO GREEN)

¥5,280-

 

映画:クイール(2004年)

 

ちょっとビクビクしながら鑑賞した映画。

卑怯なポスターデザインです。

監督が崔洋一さんだったのは意外だったけど、俳優さんが今で考えると濃厚且つ演技派と呼ばれる方を揃えて豪華でした。

でも、あくまでも主人公は犬なので完敗しますけどね。

介護犬の一生を描く作品と解説に書いてる時点で亡くなるまでって事は分かるので、それをビクビクした訳です。

根本的に犬が好きな方は大半と思うのですが、犬の映像にドラマ性など求めません。

ただ映像で犬がずっと映ってればそれで幸せ。BSで犬専門チャンネルが有ればと願ってるし、サブスクで犬専門チャンネルが有るなら初めて契約とすら思います。

結果的にやっぱり見終わった後はズーンと静かに情緒が不安定且つ重くなってしまったのですが。

演技だろうと実際に映ってる犬が亡くなってる訳でも無いけど、やっぱりズーンです。

それは家を出る前に犬の家族と2回お別れしてるのも大きな理由だし、歳を重ねる事に犬の人間に対する想いの強さに深く感動するからです。

実際に鑑賞した翌日もちょっと不調では有りましたが(笑)何とかメンタルを取り戻す方法も経験で知ってます。

それはお別れは辛いけど、それを理由に犬との生活をしないのは犬一匹の幸せになる一時を奪う事と一緒だと考える事です。

自分が犬とちゃんと生活をする事で一匹の犬の幸せな生活が其処に生まれると云う事実。

そう考えれば犬とのお別れは最後にお互いが有り難うと云う瞬間なのかもしれないなと考える様にしております。

でもやっぱり翌日はまだキツかったです。

犬と一緒にちゃんといれる時間が出来たら、家族になりたい私です。

もう親はお母さんだけになったので、家族に迎え入れなよ!と進めると必ず『亡くなる時が辛かったからさぁ』と答える母に当然『ねえ!年齢的には逆に犬が見送る時期だぞ』と伝える家族仲。

 

Enhance Element / エンハンス エレメント

ソロテックスサッカーハーフパンツ

¥6,160-

 

ブランド「COOKMAN」のショーツも早い段階でSOLD OUTしましたが、梅雨明けもして暑い日が続く毎日。ショーツも人気です。

お求め易くなっております。生地とカラー違いで他にも2タイプ展開中。

暑がりじゃない方も是非どうぞ。

 

・JULIEN MIER / CHANGING CURRENTS(2015年)

 

オランダのエレクトロニカ・アーティストです。

エレクトロニカと云えば、その界隈で昨日からTwitterを開くと、もう色々と強烈な罵詈雑言が入り乱れておりキツいなぁって感じです。

多分、私の性格的には相性が良くは無いのは分かってるので、こういったお仕事をしてなければ利用してないとは思う。

あれを完璧に使いこなせるのは有る意味では架空の存在である聖人君主の様な方のみだと思うので、実際にはゼロって事になります。

私自身が完璧じゃないからこそ、私は実際の周りの方に対してと、SNS等でのメッセージ…いやコメントの種類可成り違います。

あんな感じに飛びつく人達って実際はマスコミとかワイドショーのコメンテーターとか苦手な人が多そうなのに。私から見るとどうしても全く同じに感じちゃいます。

仕事だからじゃないからこそ、もっと凄いなぁって。勿論善意や正義だと思って書かれてるでしょうけど、私のスカウターは全く同じ種族に認識するんですよね。

それこそ年がら年中、今回のその件についてメッセージを書いてる様なら、まだ分かるのですが話題になって飛びつく感じが……そう日本語に良い言葉が有りまして「粋じゃない」と思うんですよね。

今の時代はその「粋」自体が人それぞれだろうけども(笑み)やっぱりヘイトやアンチへの便乗はするだけでなく目に入る事すら苦手です。逆なら良いのかと云えば、またそれもセンスの良さが試される訳ですけどね。

正に長生きすると、生き易い側面と生きづらい側面が誕生するお話でしたとさ。

こんな時は此の様な決して海では無く水族館の様な涼しさを感じれるエレクトロニカが心地良いです。

今夜のDJでは…意外にも選曲されております。

何故ならお客様がもし最初いなかった場合はこの様な音楽でどうにか回避して待つ手法。

 

『ブクブクブク…明日の17日(土)は店舗営業とWEBSTORE発送がお休みとなります…ブクブクブク…』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です